疑問解決!資金繰り情報館

TOP > 資金繰りの豆知識 > 資金繰りとは会社の資金計画のことを指します

資金繰りとは会社の資金計画のことを指します

資金繰りとは会社ではその資金計画のことを指します。
資金繰りを改善するためにはどのような方策を施せば良いのでしょうか。
今日は資金繰りの改善について記事を書くことにしました。
会社の資金繰りを改善する方法としては大別して2種類に分かれます。
一つはお金を集めて増やすという手段です。
二つ目の手段は収入と支出の流れを見直すということです。
一つ目のお金を集めるということは銀行からお金を借りるということです。
会社が裕福ならば社長がお金を出すこともありますが、株式会社では銀行からお金の融資を受けるのが普通です。
会社が順調に発展していくためには銀行からの融資が絶対に必要なのです。
銀行が融資してくれるかどうかは過去の会社の実績に依存します。
過去の実績が悪いような会社ではそれから先の融資をしてくれることがありません。


そういう意味では会社にとって一番大切なのは過去の実績であるということができます。
銀行から借りるという資金繰りの一つの手段を行使すれば、会社の資金繰りは一時的に改善されたように見えます。
この点が特に注意すべき点なのですが、それは現実に利益を上げ続けているような会社でないと、銀行から融資を受けてもその資金はすぐに尽きてしまうということです。
利益をあげながら、銀行からの借金を順調に返済出来ているような会社でないと、次の年の融資を受けることができません。
そういう意味では一番大切なのは会社の実績ということができます。
実績の少ない会社や赤字経営の会社では、銀行はもはやお金を貸してくれません。
そうなると社長は社員たちの給料も払えないという事態に陥ります。
こうなればことは最悪です。
会社を辞めていく人たちも増えてきます。


会社が倒産するということは大変な悲劇です。
勤めている社員の家族が路頭に迷うからです。
そういう事態に陥らないためには、会社はしっかりとした資金計画をすべきです。
この資金計画は資金繰りと呼ばれています。
会社がしっかりとした資金繰りを行うことで、 毎年銀行から融資を受けることが可能になります。
そのために大切なことは実績です。
毎年毎年きちんと実績を上げている会社でないと、次の年に銀行はお金を貸してくれません。
資金繰りのお金は、これから先の事業に使うのが原則です。
資金繰りのお金を会社の借金の返済などに当ててはなりません。
そうゆう行動は株主たちがしっかりと観察しているものです。
危ないと感じたらもうその会社の株式を購入するような人たちはいなくなるのです。
そういう意味では会社の経営というものは毎日毎日が真剣勝負です。
しっかり利益を出すのが会社の役目です。

次の記事へ

カテゴリー