疑問解決!資金繰り情報館

TOP > 資金繰りの豆知識 > 資金繰りでは返すこともしっかり考える

資金繰りでは返すこともしっかり考える

法人ではなく、ごく一般の消費者が資金繰りに奮闘するときもあります。
それが、住宅の取得です。
他にも、自動車の取得であったり、お子さんが私立の大学に進むならば、教育費の工面に様々な方法を模索するはずです。
資金繰りでは、金融機関への相談よりも身内へ相談することが第一段階です。
貸借契約などを不要に、融通性もあります。
特に自分の親から資金を援助してもらうのが一般的です。
いくら貸してほしいのか、いくらまでなら、こうした話合いになるため、資金計画の第一歩は「総費用の把握」からともいいます。
住宅を例に考えてみれば、家づくりにかかるお金は建物代だけではなく、それ以外にも様々な費用がかかります。
もっとも重要なのは、「総額でいくらかかるのか」を算出し、家族であっても、無理なく返していける借り方をすることです。


資金繰りでは、身内や金融機関が相談相手になります。
まず、手元資金はいくらあるのか、何かしらモノの売買をするのであれば、身の丈に合った金額のモノを選びましょう。
資金調達した後、将来のことも考えなければなりませんし、自分の信用にも関わってきます。
例えば、住宅取得ならば、頭金がどれだけ用意できているのか、というところでしょう。
むしろ注意したいのは、ある程度非常時の資金は残しておかなければなりません。
お子さんの教育費をはじめ、思わぬ出費が発生する可能性があるためで、ですが、資金繰りで余分に借りることは避けましょう。
まずは、手元資金を増やす努力を優先、貸し手の気持ちを第一に考えましょう。
資金繰りが難しい場合には、金融機関にアイデアを求めるのもおすすめで、どのような方法ならば工面できるのか、第三者目線で応えてくれます。


金融機関に資金繰りで相談する場合、使い勝手で比較してみましょう。
地元銀行ならば、これまでに取引もあるでしょうし、相談しやすいはずです。
ネット銀行は、各種手数料が安いのが魅力で、24時間365日手続きができ、サブバンクとして考えておきましょう。
資金繰りに奮闘するにしても、金融機関では審査を通すことになります。
単に収入が高い・低いだけでなく、安定した継続的な収入があるのか、ここも重視されます。
独立起業した直後、資金繰りに困惑する人もいますが、営業年数が少ないため、審査が通りにくいようです。
金融機関では、信用第一ですから、嘘偽りの情報はバレてしまいますし、身内や夫婦間であっても、秘密の借金は事前にカミングアウトしておきましょう。
一度リセットすることで、細かな借り入れが見え、不必要なクレジットカードなどを整理したり解約するのもいいでしょう。

次の記事へ

カテゴリー