疑問解決!資金繰り情報館

TOP > 資金繰りの豆知識 > 会社を経営するのに大切な要素は資金繰りだけではありません

会社を経営するのに大切な要素は資金繰りだけではありません

資金繰りという言葉は会社で使われる場合と我々の家庭で使われる場合ではその意味合いが若干異なります 。
家庭で使われる場合には資金繰りという言葉には暗いイメージが伴います。
例えばギャンブルで大きな損失を抱えてしまって、それで今月は生活ができない、といった事態が想定されます。
そのような場合によくされる表現が、家庭内の資金繰りです。
家庭内の資金繰りとは金融機関からお金を借りることに他なりません。
こちらの場合は約束の期限内にお金を返すことさえできれば、問題はありません。
問題となるのはギャンブル依存症となっている本人がそれを自覚していないということです。
それに対して会社の資金繰りとは一体どういうことなのでしょうか。
会社の資金繰りとは会社の資金計画のことなのです。
ですからこちらの資金繰りという言葉には暗いイメージはありません。


資金繰りの良い会社というものは評判の良い会社と言い換えることもできます。
株式投資などをする際に基準になるのが会社の資金繰りです。
良好なる資金繰りを繰り返しているような会社ならば、毎年毎年順調な利益を出していますので、 それぞれの株主に対する配当も順調です。
どうせ株式投資で稼ぐのであればその安定性と安全性が一番大切です。
その判断の基準となるのが会社の資金繰りです。
これは会社の資金計画と読み替えることもできます。
今、高齢者を中心にして株式投資や FX 投資に乗り出す人たちの数が増えています。
それは銀行に大金を預けておいても、何年経ってもお金が増えないからです。
そこで高齢者たちが対策を考えました。
それが株式投資と FX 投資なのです。
これからの世の中はアベノミクスが推奨するようにできるだけお金を使ってたくさんのお金を稼ぐ時代なのです。


会社を経営するのに大切な要素は資金繰りだけではありません。
収入と支出の流れを見直すことがとても大切です。
毎年毎年の、収入と支出の金額を比較して、原因を探り、対策を立てます。
そうすることによって毎年毎年安定した 利益を上げることができるのです。
そういう会社には多くの 株主たちが投資に押しかけます。
なぜなのでしょうか。
銀行金利がゼロなので株式投資や FX 投資で稼ぐ以外に道がないからです。
FX 投資は大きなリスクが伴いますが、株式投資はそのリスクが比較的穏やかであるという利点があります。
ですから今の世の中は高齢者を中心として株式投資をする人たちが急激に増加しているという状態です。
今後も会社が発展を続けるためには、資金繰り計画の見直しと、収入と支出の流れを見直すことが絶対条件となっています。

次の記事へ

カテゴリー