疑問解決!資金繰り情報館

TOP > 資金繰りの豆知識 > 企業が必要な資金を調達することを専門用語で資金繰りと呼んでいます

企業が必要な資金を調達することを専門用語で資金繰りと呼んでいます

企業が事業を展開するために必要な資金を調達することを 専門用語で資金繰りと呼んでいます。
資金繰りとは一般的な資金繰りではなくて、企業が事業を展開するための資金を準備するという意味です。
調達先は銀行がやはり多いです。
ファクタリングというのをご存知でしょうか。
例えば売掛債権が多い場合にこれは利用できます。
通常銀行などの融資で資金繰りをして企業は事業に必要なお金を捻出しますが、それだけではありません。
ファクタリングを利用すれば返済の必要がないのです。
返済の必要がないということは全くただで資金を利用できるということに他なりません。
ファクタリングのメリットはそれだけではありません。
銀行から融資を受ける場合に比べて有利子負債が全くないので企業のキャッシュフローが大幅に改善されます。
キャッシュフローとは現金の動きを示す計算書のことです。


キャッシュフローの計算は煩雑で難しいので公認会計士などがそれを担当するのが当たり前となっています。
会社で専門の部署を設けキャッシュフローを計算させるところもあります。
人事課などで対応しているところはありますし、会計課などでまとめて処理しているところもあります。
キャッシュフローがプラスになれば手元に現金が残りますから銀行の融資の審査にも合格しやすくなります。
つまり大手の銀行でもキャッシュフローがプラスになっているというだけで簡単に相当な金額を融資してくれるということになります。
ここにファクタリングのメリットがあります。
ですがこのファクタリングの取り扱いはかなり難しいので、その専門家でなくては処理ができません。
会社で専門の担当者にやらせるか、公認会計士などにその仕事を依頼してやらせると良いのです。


ファクタリングの特徴なんですが、それは売掛債権を譲渡するという方法なので若干の手数料がかかります。
ですが現金化のスピードがとても早いので、何度かそれを利用するうちに、条件がだんだん改善してくるのです。
この一点がファクタリングを利用する大きなメリットとなっています。
また売掛債権が現金化できないというリスクも回避できますから、例えば売掛債権がとても大きいような企業ではファクタリングを検討すると良いのです。
売掛債権がとても大きいような企業がファクタリングを導入するメリットはとても大きいということができます。
実際大手の企業あたりでもファクタリングの手法を導入しているところが多いです。
それには秘密があります。
それだけのメリットがあるということに他なりません。
大手の企業ではファクタリング専門の部署を作って社員にその処理をやらせているところさえあります。

次の記事へ

カテゴリー