疑問解決!資金繰り情報館

TOP > 資金繰りの豆知識 > 企業が事業の運営に必要なお金を調達することを資金繰りと称しています

企業が事業の運営に必要なお金を調達することを資金繰りと称しています

企業が事業の運営に必要なお金を調達することを資金繰りと称しています。
資金繰りで一番多いケースは銀行からの融資です。
大手銀行の融資が金額的には一番多いのです。
ですが大手の銀行の融資はその審査がとても厳しいです。
不動産などの担保が要求される場合もあります。
大手の会社ではこれは比較的楽にできることですが、中小企業ではたまったものではありません。
担保にできるような資産がないからです。
銀行が融資をしてくれないと一体どうなるのでしょうか。
心配は要りません。
その場合にはノンバンクからの借り入れを利用すれば良いのです。
ノンバンクが資金を融資する先は企業です。
私達がお金に困った時に利用するのが消費者金融です。
消費者金融とノンバンクは同じような性格を有する金融会社だということができます。
欠点は金利が高いということです。


ノンバンクは企業向けのビジネスローンをたくさん取り扱っていますがその金利が高いために、ノンバンクを敬遠する企業が多いです。
しかしながらノンバンクは、その使い方によっては、 融資のスピードが早いので、タイムリーな資金調達ができます。
つまり資金繰りの方法としては一番スピードが早いということになります。
ですから金利が多少高くても、 中小企業などでは背に腹はかえられません。
勢い金利の高いノンバンクからの借り入れをする必要が生じてくるのです。
ノンバンクから借入をする場合には周到な返済計画をしておくことが成功への秘訣です。
一度でもきちんとお金を返済することができれば、次から無審査でお金を貸してくれるようになります。
ノンバンクでも信用が第一の世界なのです。
そういう意味ではノンバンクも銀行も性格的には同じようなものだということが言えます。


中小企業では融資のスピードが格段に速いノンバンクの融資を好むようなところもあります。
金利が多少お高いのですがそれが小額であれば問題ありません。
さらに利用期間が短期であれば、金利の負担も少なくて済みます。
要は臨機応変にノンバンクを活用するということがとても大切になります。
タイムリーで 迅速な融資をしてくれるので、中小企業は 資金繰りで失敗するということがなくなります。
中小企業が事業を展開していて一番恐ろしいのが、資金が底をついているのに、銀行から見放された時です。
その場合には資金調達のめどが全く立ちませんので会社は倒産せざるを得ないということになります。
そうなってしまえば中小企業の会社で働いている社員たちの家族は、いきなり路頭に迷ってしまうということになります。
そういうことを避ける意味でもノンバンクの融資を受けるということの意味はとても大きいということができます。

カテゴリー