疑問解決!資金繰り情報館

TOP > 資金繰りの豆知識 > 事業を展開するのに必要なお金を準備することを資金繰りと呼んでいます

事業を展開するのに必要なお金を準備することを資金繰りと呼んでいます

企業が事業を展開するのに必要なお金を準備することを資金繰りと呼んでいます。
最も一般的な資金繰りの方法としては銀行からのお金の借り入れがあります。
ただしそれ以外にも資金繰りの方法はありますので、銀行から借り入れを拒否された場合に備えて、 幅広く間口を広げておくことが大切です。
銀行がお金を貸してくれないとしても、企業が事業を展開するのにはお金が必要だからです。
銀行の他にも例えば日本政策金融公庫などがあります。
特徴は低金利で借り入れをすることができるということです。
日本政策金融公庫からの融資は最も安全な資金調達方法であるといわれています。
そのため日本政策金融公庫を第1の選択肢として選ばれている企業がほとんどです。
日本政策金融公庫の次に頼りになるのが市中銀行です。
銀行とは普段から仲良くお付き合いをしておかなければなりません。


特に注意すべきは大手銀行です。
大手銀行は大手企業に対する融資は簡単にしてくれますが、個人企業に対する融資はその敷居がとても高いです。
融資を受けるために担保求められる場合があるので、そのための準備をしておかなければなりません。
最初は小さく始めた事業も、10年もすれば事業は大きく育ちます。
事業が大きくなったら法人化も検討すべきです。
企業を法人化できればしめたものです。
法人化された企業では大手銀行からの借り入れが割合に楽にできるからです。
これらの大手銀行は莫大な資産を持っています。
普段のお付き合いで、いつでも好きなだけのお金の融資を受けることができるように、しっかりとしたお付き合いをしておくことがとても大切です。
そうすることによってあなたの企業は大船に乗ったようなものです。
小さな銀行よりもやはり大手銀行の方が金額の面で頼りになります。


それから地方公共団体などの補助金や助成金の制度を利用するという方法もあります。
この融資は銀行の融資とは違います。
これらの補助金は返済の必要がないので積極的に活用したほうが将来のためになります。
なぜこのような補助金の制度があるのでしょうか。
それには理由があります。
それは例えば国や地方公共団体で、 その事業を推進したいからに他なりません。
国や地方公共団体がバックであるのならば、企業も安心して事業に本腰を入れられるというものではないでしょうか。
そのためにはフィージビリティスタディが欠かせません。
どのような事業を行えば地元のためになるのかを真剣に検討すべきです。
フィージビリティスタディの良し悪しが事業の成否を決定します。
出来れば地元に根付くような事業を探し出して、しっかりとした方針を立て事業を推進したいものです。

次の記事へ

カテゴリー