疑問解決!資金繰り情報館

企業における資金繰りとは

当サイトは会社の資金繰りで銀行などがお金を融資してくれる時の比較サイトです。私たちが資金繰りが苦しいといえば、それは生活が苦しいことに直結しています。企業における資金繰りは、それとは若干そのニュアンスが違ってきています。

企業における資金繰りとは、企業がその事業を運営するために必要な資金を調達する行為のことを指します。ですから企業が資金繰りをするのはごく自然のことで、 これは当たり前の事です。企業の資金繰りでお金を融資してくれるのは銀行が主体です。

それには大手の銀行から中小の銀行まで数が多いです。 大銀行には大銀行にしかできないような役目がありますし、中小の銀行ではその規模を生かしたきめ細かなサービスが大きな特徴です。会社の資金繰りではインターネットのサイトで比較検討してから、融資の先を見つけるのが賢い方法です。当サイトは及ばずながらそれを応援させていただきます。

喜望大地

POINT

1,100社のコンサルティング実績を達成
メールマガジンを無料発行20,000部
減価償却前営業利益改善した企業が98%

社長に笑顔と勇気を与え続ける!をモットーに資金繰りで悩んでいる中小企業様などを支援する会社が株式会社喜望大地です。この会社は大阪の北区の芝田に本社があり、東京の港区の高輪に本部を構えています。

なお電話受付時間は平日の9時から18時までとなっています。喜望大地が行う事業内容は資金繰りのためのローンの提供ではありません。この会社では事業再生や事業承継やM&Aなどを主に取り扱って会社の安定経営を支援しています。

会社ではこれまでの14年間で1,100社のコンサルティング実績を達成し、減価償却前営業利益改善した企業が98.1パーセントの実績を有しています。メールマガジンも無料で20,000部以上発行しています。問い合わせは初回無料となっています。

資金繰り改善サポート

POINT

豊富な実績を持つ代表が直接対応してくれる
銀行交渉に同席してくれるので安心
電話相談は無料で対応してくれる

相談件数300件以上という豊富な実績を持っているこちらの資金繰り改善サポートは、資金繰りで悩んでいるときに安心して相談できると人気です。経営コンサルタントとして15年、そして著書5冊以上という経験を積んでいる代表が直接対応してくれます。

金融機関と交渉するときのコツを熟知しているため、銀行交渉への同席も安心してお任せできます。もちろん、再建後の資金繰りや売上げ対策もきめ細かくサポートしてくれます。また、最短で問い合わせをしたその日のうちに相談できます。即日面談が可能なので、いざというときも安心感があります。

電話やメールで問い合わせることができます。電話の受付時間は平日9時から18時で、土日祝日は休業日です。もちろん、メールは24時間いつでも受け付けてくれます。また、電話相談は無料ですし、匿名での相談にも丁寧に対応してくれます。ちなみに、面談の料金は税込10,000円で、2時間ほど行われるため、じっくり相談することが可能です。

橋本経営事務所

POINT

財務的な改善に関する相談に適切な対応をしてくれる
消費者にとって魅力的な商品提供をしてくれる
融資を受ける際の注意点を示してくれたり補助金などの紹介をしてくれる

資金繰りに窮してきたときには、橋本経営事務所に相談することをお勧めします。この事務所の特徴は、経営事務所ならではの視点で各種アドバイスをしてくれる点です。売れる商品の製造にかかわってくれて、プロの視点からアドバイスをしてくれます。

橋本経営事務所は、経営関連の相談に対応してくれる貴重な事務所です。もちろん財務的な視点からの分析も十分に行なってくれます。どこの金融機関から借り入れを受ければお得か、有利に融資を受けるための経営計画の立て方などがあります。

金融機関から融資を受ける際には、金利計算法の選択など、いろんな選択肢が存在し、答えていかないといけません。橋本経営事務所では、一人一人にあった計算方法を提供してくれる指示の高い医院です。

TFPコンサル

POINT

資金繰りの改善や事業再生を支援
事業再生の専門家による無料相談が受けられる
数字と経営戦略に強いコンサル

中小企業の資金繰りの改善や事業再生を支援してくれるこちらのTFPコンサルは、売上が減少傾向で不安を感じているときや資金繰りが苦しいときに相談できます。緊急の際の資金繰り対策だけではなく、根本的な改善と再生を支援してくれます。

無料相談にも対応していて、事業再生の専門家が資金繰りの改善や事業再生の施策を適切にアドバイスしてくれます。60分から120分、たっぷり時間を取って悩みと希望をヒアリングし、財務や経営状態を把握した上で提案してくれるのが魅力です。

無料相談は、電話で気軽に申し込むことが可能です。また、無料相談予約フォームを利用すればインターネットからも申し込めます。もちろん、問い合わせにも丁寧に対応してくれるため、わからないことがあるときも安心です。

アタックスグループ

POINT

豊富な支援実績を持っているので安心して相談できる
金融機関との交渉サポートにも対応してくれる
無料経営相談や問い合わせも気軽にできる

アタックスグループは、豊富な支援実績と経験値を持っているため、あらゆる経営の悩みを相談できます。経営企画や成長戦略の相談も行っていて、金融に関わるアドバイスも受けられます。資金調達から運用はもちろん、資金繰りに関することなど幅広く対応してくれます。

もちろん、依頼者の事情を踏まえた上で、金融に関わる最適なプランを一緒に考えてくれます。また、借入を希望しているときなど、金融機関との交渉サポートもお任せできます。金融に精通しているため、安心感を持って相談することが可能です。

専用フォームを利用して、無料経営相談や問い合わせが可能です。もちろん、電話でも問い合わせを受け付けてくれるので、都合に合った方法で相談や問い合わせができます。ちなみに、電話での問い合わせは、平日9時から17時30分まで受け付けてくれます。

アセントリード株式会社

POINT

毎月起こる資金繰りのショートを防ぐ
会社の経営安定化に関するサポート
将来の営業を視野に入れた管理ツールを提供

アセントリード株式会社は、中小企業の資金繰りの悪化を防ぐための管理ツールを提供するほか、経営地基盤を安定化させるためのコンサルティングを行います。経営陣が抱く管理体制の不安に対して耳を傾け、盤石な管理体制の構築を支援していきます。

毎月やってくる手形決済や給与支給日に資金調達が難しいという事案が、取引先だけではなく社員にも大きな不安を与えてしまいます。こういったことが起こらないよう、会計を随時チェックし、丁寧なアドバイスを行います。会社の規模などを考慮し、経営基盤の安定化に向けて段階的にコンサルティングを行いますので、どんな企業でも安定した経営ができるようになります。

アセントリード株式会社では、企業へ担当者が訪問し経営状況を確認しながらアドバイスを行う支援があります。その中で、銀行への融資金返済を猶予してもらえるよう交渉支援を行うサービスも行っているので、軌道に乗ってもなお資金調達に難がある企業はぜひアセントリード株式会社に相談してみてはいかがでしょうか。

資金繰りの中でも一番難しいのは創業資金の捻出です

企業が事業するのに必要なお金を調達する行為は資金繰りと呼ばれています。 資金繰りの中でも一番難しいのは、創業資金の捻出ではないでしょうか。会社を創設する時には相当な金額の設備投資の資金が必要となり、日本政策金融公庫から助成金や補助金が借りられるのであればそれがベストです。その理由は、低金利であったり、場合によっては返済する必要がないというメリットがあるからです。どうしてそのような特別措置がとられているのでしょうか。それはその地域でその事業が求められているからに他なりません。自治体の方で、お金を出しても企業を誘致したいといったところではないでしょうか。それで特別低金利なローンを提案したり、 返済する義務のない資金の融資をしてくれたりするということです。これは資金力の乏しい創業者にとっては、とても有り難いサービスではないでしょうか。

大手企業のように自己資金が有り余っていれば話は別ですが、そうでなければ普通はそんなに多くの資金を持っているはずがありません。それでもその事業がその地域で求められているとすれば、やる気のある若者たちにその資金を提供してくれるということです。当然厳しい審査があるのですが、それに合格しさえすれば、返済義務のない資金の特別融資を手に入れることができます。 そういう特別融資を受けることができるのもできないのも、事業計画の出来不出来により左右されるということです。ですからこういった事業の創業者は、事前に充分なフィージビリティスタディを行ってから、実際の行動に出るべきです。現地で十分なフィージビリティスタディを行った後で、用意周到なる計画ができているとすれば、成功までの道は半ばといったところです。

自己資金が少ない若者たちが起業するのであれば、金利負担を少なくするという意味では公的資金の活用がとても重要です。特に日本政府金融公庫には、 地域が求める新しい事業に対しては、特別の融資制度もありますので、それを利用すれば良いのです。それには補助金とか創業資金の提供とかがあります。この仕組みは地域によってかなりバラつきがありますが、これは需要と供給のバランスから発生するものですから、地域でどんな事業を開始するのかがとても大切な要素となってきます。そういう意味では、最初の計画とフィージビリティスタディ、そして最終的な事業への決断がとても大切な要因となります。心配は要りません。用意周到な計画を持って、真摯に対応すれば必ず道は開けるのです。 創業資金を対象とした融資制度はとても魅力的なものです。これを利用しない手はありません。

カテゴリー